【胃カメラは全身麻酔がいい?】楽な姿勢は?疑問を解説!

みぞおちの痛みや胸焼けなどの症状があって胃カメラを受ける予定の方へ。

 

「胃カメラは全身麻酔ですると楽!」「楽な姿勢がある」と聞いたことはあるでしょうか。

こんにちは、なかむら内視鏡センターのDr.くまです。

 

大阪のなかむら内視鏡センター女性医師常勤のクリニックで、胃カメラと大腸カメラを下剤なしで同時にできる、下剤を飲まない胃・大腸カメラや、痔の治療、また保険適用の肥満外来を行っています。

 

さて、今回は胃カメラのお話です。

 

「胃カメラは全身麻酔がいい?」「楽な姿勢は?」など患者さんの疑問をわかりやすく医師が解説します!

 

それではどうぞ!

【目次】


1. 全身麻酔(静脈麻酔)を使った胃カメラって楽?

2. 胃カメラの楽な姿勢とは?

3. 細い胃カメラを使うとさらに楽!

1. 全身麻酔(静脈麻酔)を使った胃カメラって楽?


大阪のなかむら内視鏡センターでは、麻酔(鎮静剤)を使った胃カメラを行っています。麻酔(鎮静剤)をつかって胃カメラをすると、痛みや苦痛なく、楽に検査を受けることができます。

 

多くの方が誤解されるのですが、厳密にいうとこの麻酔は「全身麻酔」ではなく、「静脈麻酔」という呼び方になります。

 

一般に、医療界では、全身麻酔という言葉は、手術室やICUなどで人工呼吸器を使って麻酔を行うことを指します。

 

静脈麻酔は、人工呼吸器は使わず、酸素モニターなどをつけて安全を確かめながら行う麻酔です。

 

静脈麻酔では、全身麻酔に使う麻酔と使うお薬の種類が違っていたり、麻酔の量も静脈麻酔の方が全身麻酔より格段に少ないです。

 

しかし、静脈麻酔でも効果は十分です。

 

静脈麻酔を行うには腕から点滴をとって、その点滴から麻酔のお薬を投与します。

 

大体、投与から数分以内には意識がなくなり、気づいた時には「〇〇さん、終わりましたよ」という声で目が覚めます。

 

検査中の意識がないので、当然、しんどいえづきや反射といった苦痛も感じずにすみます。

 

ほとんどの方は「え、もう終わったの?」とおっしゃります。検査を受けたこと自体を忘れる方もいます。

 

特にあまり胃カメラを受けたことのない方は、この麻酔を使った胃カメラを強くおススメします。

 

麻酔を使用するメリットについて説明します。

1つ目は 苦痛を感じず楽に検査が受けられるということです。

 

眠ったような意識のレベルで検査を受けることが出来るため、胃カメラの吐きそうな感覚や大腸カメラの痛みのような苦痛はほぼ感じることなく検査を受けることができます。

 

2つ目は見逃しのないきちんとした検査を受けられることがあげられます。

 

患者さんが苦しくないことで、検査医もあわてる必要がなくなります。時間をかけてより小さな病変も見逃さないように丁寧な検査を進めることが可能です。

 

次に、麻酔を使用するデメリットですが、検査後すぐに帰宅する事ができません。

 

胃カメラの検査自体は、10分から15分で終わります。麻酔を使った場合、検査が終わった直後は麻酔の影響で眠気が残ったりふらついたりするので、30分ほど院内で休憩して頂きます。

 

ただし、麻酔(鎮静剤)を使った胃カメラを希望される方は、ご自身で車を運転することができないのでご注意ください。

 

麻酔を使った検査をご希望の方はご家族の方に送迎してもらうか、公共交通機関でのご来院をお願い致します。

 

ちなみに麻酔(鎮静剤)を使わない場合は、ご自身で車を運転してのご来院が可能です。当院にはクリニック併設の18台の駐車場を完備しているのでご安心ください

 なかむら内視鏡センターのやさしい胃カメラ

  

2.胃カメラの楽な姿勢とは?


胃カメラを入れる前に、当院ではまず、患者さんの姿勢を整えることにこだわっています。

 

「前回の検査はとても大変だった」という患者さんには共通した姿勢があります。

 

患者さんは検査のときに力を入れてしまい、無意識に身構えてしまいがちです。

 

力が入ると誰でも下あごを自然と引いてしまうものです。

 

しかし下あごを引いてしまうと、胃カメラが咽頭で強いカーブを描くように入ることになり、しんどくなってしまうのです。

 

なかむら内視鏡センターでは看護師さんにも協力してもらって、患者さんに下あごを突き出すような姿勢を保ってもらうよう説明してもらいます。

 

そして胃カメラを挿入する直前に、同じ内容を再度医師から説明させて頂いております。

 

さらに、患者さんにとって一番の難関となるのは、胃カメラがのどを越えるときの「えづき」です。

 

このえづきは咽喉頭反射(いんこうとうはんしゃ)とも呼ばれます。

 

実はこのえづきは、胃カメラが喉頭蓋(こうとうがい)という、のどの突起物に触れることで発生します。

 

この喉頭蓋(こうとうがい)に触れないようにするために、患者さんに下あごを突き出した姿勢をお願いしています。

 

さらに、なかむら内視鏡センターでは胃カメラを挿入する際に、咽頭後壁(のどの裏側)にそわせるようにしてやさしく画面を見ながらカメラを挿入することで、限りなくこの「えづき」がおこることなく胃カメラを入れていくことができます。

3.細い胃カメラを使うと楽!


おかげさまで、大阪のなかむら内視鏡センターの胃カメラは楽と言って頂けるのですが、そのもう一つの理由は細いカメラを使っていることです。

 

一般的に使われている胃カメラは太さが10mm程度のものが一般的ですが、当院では太さが5mm程度の細径カメラを採用しており、従来のものの半分程度の細さです。

 

それによって、口からだけでなく、鼻から胃カメラを入れることもできます。さらにのどを通る時の違和感、検査中の違和感など、全てが通常の胃カメラより楽になり、患者さんの負担を減らしています。

 

さらに、患者さんに力を抜いてもらうことも非常に大切なので、なかむら内視鏡センターでは声かけも意識しています。

 

患者さんに力をぬいてくださいとお伝えしても、胃カメラを入れた状態では無意識のうちに力が入ってしまうものです。

 

すなわち胃カメラ中にいかに力を抜いて頂くかが重要になります。

 

なかむら内視鏡センターの工夫としては、患者さんが力を抜きやすくなるように、「鼻から息を吸って、口からため息をつくように息を吐き出してくださいね」とやさしく声かけをさせて頂いています。

 

また、患者さんは胃カメラ中に顔をあお向きに上げてしまいがちですが、顔を上に向けると唾液が気管に入りむせやすくなるため、左ほほを枕にべったりつけた姿勢を保つことも大切です。

【 胃カメラを楽にうける:まとめ 】


いかがでしたでしょうか。

 

胃カメラを楽に受ける上でのコツをご紹介させて頂きました。

 

全身麻酔(静脈麻酔)を使って、細いカメラを使って、楽な姿勢を作れば、苦痛なしで胃カメラと受けることができます!

 
「胃カメラを麻酔で楽に受けたい方は、大阪のなかむら内視鏡センターへ!」

 

 なかむら内視鏡センターのやさしい胃カメラ