胃カメラの鎮静剤【効きすぎ】と【効かない】の理由は?

こんにちは、Dr.くまです。

 

胃カメラや大腸内視鏡検査で鎮静剤(麻酔)を使ったり、これから検査予定の方へ。

 

鎮静剤(麻酔)を使って楽に検査を受けられると期待したのに、鎮静剤が効きすぎて1日中だるさや眠気が残ったり、逆に効かない状態で検査をしてしんどい思いをしたことはあるでしょうか。

今回は、胃カメラや大腸内視鏡検査の麻酔(鎮静剤)が【効かない】人と【効きすぎる】人の理由について解説します。

 

この記事を読めば、胃カメラや大腸内視鏡検査の麻酔(鎮静剤)のことについてしっかり理解できると思います。

 

どこから読んでもOKなので、目次の興味のある部分から読んでみて下さい。

 

それでは、どうぞ!

 

「くまも麻酔で内視鏡を受けましたが、爆睡して何も覚えてないのです」

【目次】


1. 麻酔(鎮静剤)を使って内視鏡をする理由は?

2. 内視鏡で麻酔(鎮静剤)を使う2つのメリット

3. 内視鏡の麻酔(鎮静剤)の【リスク】は?

4. 内視鏡(鎮静剤)の麻酔は怖い?副作用は?

5. 鎮静剤が【効きすぎる】人と【効かない】人の理由は?

6. 内視鏡に使う麻酔(鎮静剤)ってどんな薬?

1. 麻酔(鎮静剤)を使って内視鏡をする理由は?


まず、なぜ麻酔が必要なのかをご説明します。

 

内視鏡検査はある一定の不快感を伴います。

 

どれだけ内視鏡検査が上手な医師が行っても、胃カメラはのどの奥に物がはさまったような不快感があります。

 

一方、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)も腸の曲がり角で違和感を感じたり、腸がぐるぐるなるような不快感を伴います。

 

上記のような検査で一度辛かった経験を感じてしまうと、定期的に受ける必要のある内視鏡検査を敬遠して、がんなどが進行してしまうこともあります。

 

こうした状況を鑑みて当院では経験豊富な医師の元、適切な静脈麻酔を用いて検査を行っております。

 

もちろん麻酔を希望されない方には薬を使わず検査を行って頂けます。

 

関連ページ:なかむら内視鏡センターの【麻酔の胃カメラ・大腸内視鏡検査】と女医による内視鏡

  

 

2. 内視鏡で麻酔(鎮静剤)を使う2つのメリット


麻酔を使う利点について説明します。まず1つ目は患者さんが苦痛を感じずに眠ったまま楽に検査が受けられるということです。

 

眠ったような意識のレベルで検査を受けることが出来るため、胃カメラの吐きそうな感覚や大腸カメラの痛みのような苦痛はほぼ感じることなく検査を受けることができます。

 

多くの患者さんは「もう終わったの。全然わからなかった」とおっしゃられます。

 

2つ目のメリットは見逃しのないきちんとした検査を受けやすいという点です。

 

患者さんが苦しさを感じにくく楽に検査を受けられることで、検査医も落ち着いて検査を行うとができます。

 

焦って時間に追われることなく、小さな病変も見逃さないように丁寧な検査を行うことができるのです。

  

 

3. 胃カメラ等で麻酔(鎮静剤)を使う【リスク】は?


麻酔を使う一般的なリスクは、呼吸が抑制されたり、血圧が下がったりすることです。

 

しかし、ご安心ください。

 

胃カメラや大腸内視鏡検査で使う麻酔は、全身麻酔などで使用する麻酔の量と比べると、ごく少量です。

 

そのため、呼びかけたらすぐに目が覚める量(麻酔深度とよびます)になっており、安全です。

 

実際に大阪のなかむら内視鏡センターでは1,000人以上の方に麻酔を使った内視鏡を行っていますが、医療処置が必要なほど 呼吸が抑制されたり、血圧が下がった方は1人もおらず皆さん安全にご帰宅頂いています。

 

むしろ、麻酔を使用する主なリスク(デメリット)は、検査後すぐに帰宅する事ができないことです。

 

内視鏡検査後に麻酔(鎮静剤)の効果が切れてくる30分から1時間程度の間はふらついたりするため、休んでいただく必要があります。

 

また、検査が終わった後もふらついたり眠気が残る可能性があるため、車を運転をはじめとした危険を伴う作業を行うことはできません。

 

ただし、当院の麻酔は必要以上に深くかけることをせずに、経験豊富な医師が必要最小限の量の麻酔をかけるので、検査後も比較的すぐに目が覚めるのでご安心ください。

 

  

 

4. 胃カメラ内視鏡の鎮静剤(麻酔)の副作用は?


3.の麻酔のリスクの項でお話したように、麻酔(鎮静剤)の代表的な副作用としては、呼吸が落ちたり、血圧がさがったり、脈が遅くなったりなどがありますがいずれも可能性は非常に低く、比較的安全なお薬です。

 

万一、これらの副作用が起こった場合も、拮抗薬を投与したり点滴を行ったり、経験豊富な医師が適切な処置を行いますので安心です。

 

当院では、今までに薬剤による大きな副作用はありません。

基本的には今回ご説明したお薬は通常3時間以内には代謝されて体内から出ていきますので大きな心配はありません。

  

 

5. 胃カメラの鎮静剤【効きすぎ】と【効かない】の理由は?


ここまで胃カメラなどの内視鏡の麻酔のお話をしてきましたが、「自分は内視鏡の麻酔が効かない人だったらどうしよう」と不安に思われる方もいますよね。

 

私、くまの経験上、内視鏡の麻酔が効きづらいな、と思う人は実感としては1%、100人に1人程度です。

 

では、その1%の【効かない】人は何が原因なのでしょうか。

 

「体質により麻酔が効かない」ということはありません。

内視鏡の麻酔が効かない原因は、体質ではなく主に以下の3つが原因です。

 

①普段からお酒(アルコール)を沢山飲んでいる、もしくはお酒に強い人

 

②抗不安薬やうつ病の薬の薬を飲んでいる人

 

③痛み止めを普段からずっと飲んでいる人

 

上記の3つが主な原因ですが、まれに、極度に緊張している方で麻酔が効きにくいことがあります。

 

しかし、安心してください。
麻酔が効かない、効きにくい方でも鎮静剤(麻酔)の量を少し増やせば、いずれは効いて、眠ったまま胃カメラや大腸内視鏡検査を受けることができます。

 

逆にお酒が弱い方や、体の機能が弱っている方などは鎮静剤(麻酔)が【効きすぎる】可能性があります。

 

特に高齢の方や、肺(呼吸器)や肝臓などの内臓の機能が落ちている方は、鎮静剤(麻酔)が効きすぎて、酸素の値や血圧が落ちてしまう可能性があります。

 

関連記事:大阪のなかむら内視鏡センターの【麻酔の胃カメラ・大腸内視鏡検査】と女医による内視鏡

 

麻酔を深くかけすぎると、一日中だるさが残ったりしますが、当院ではそういった経験はほとんどありません。

  

6. 内視鏡に使う麻酔ってどんな薬?


内視鏡の麻酔として一般的に使用する薬剤の種類としては大きく、鎮静剤(ちんせいざい)と鎮痛剤(ちんつうざい)があります。

 

まず、鎮静剤についてお話しします。鎮静薬は、眠ったような状態で検査を受けるために使用する薬剤です。

 

内視鏡に用いる代表的なお薬には以下があります。

 

①ミダゾラム

 

最も頻繁に使用する基本的な薬剤です。
抗不安・鎮静・睡眠作用を併せ持つ薬剤です。
麻酔がかかる時間、覚める時間が早く切れ味がいいです。

 

効きすぎたときに拮抗薬としてフルマゼニルというお薬があるので安全面としてもすぐれています。
デメリットとしてはお酒が強い人や、元々抗不安薬などを内服している方は効きづらいということがあります。

 

②プロポフォール

 

ミダゾラムの効きが悪い方、より深い鎮静が必要な方に使用する薬剤です。

 

鎮静効果は良好ですが、持続時間が20分程度と短いため終わった後すぐに目覚めることが出来ます。

 

優れた薬ですが、拮抗薬がないため効きすぎたときに少し困ります。

 

③デクスメデトミジン(プレセデックス)

 

不穏という麻酔の不安定性がなく使いやすいのが特徴ですが、やや麻酔の立ち上がりが遅いため一般検査ではほとんど使わず、内視鏡領域では主に内視鏡手術の際に用います。

 

次に鎮痛薬は、痛みを抑えるために使用する薬剤です。

 

代表的なものとしてペチジンがあります。

 

ペチヂンはお腹の手術歴があったり腸の曲がりが強い方に行う大腸カメラや内視鏡の治療を行う際に用います。

 

また、ペチヂンには腸の動きを抑える作用があるため、大腸内視鏡検査にルーチンとして用いることもあります。

 

これらの薬剤は内視鏡時の鎮静・鎮痛に全国的にも安全に使用されている薬剤です。

 

大阪のなかむら内視鏡センターではこれらのうち、ミダゾラム・ペチジンを使用しており、また必要に応じて拮抗薬であるフルマゼニルを、患者さんのニーズに合った量で使用していきます。

 

関連記事:大阪のなかむら内視鏡センターの【麻酔の胃カメラ・大腸内視鏡検査】と女医による内視鏡

【 まとめ 】


 いかがでしたでしょうか。
今回のコラムでは内視鏡の麻酔(鎮静剤)についてご紹介しました。

 

このコラムのポイントは以下でした。

1. 麻酔(鎮静剤)を使って内視鏡をする理由は?

2. 内視鏡で麻酔(鎮静剤)を使う2つのメリット

3. 内視鏡の麻酔(鎮静剤)の【リスク】は?

4. 内視鏡(鎮静剤)の麻酔は怖い?副作用は?

5. 鎮静剤が【効きすぎる】人と【効かない】人の理由は?

6. 内視鏡に使う麻酔(鎮静剤)ってどんな薬?

 

内視鏡の麻酔(鎮静剤)のことを知らなかった方にとって参考になれば幸いです。
このコラムが明日からのご自身のご健康にお役立て頂けることを願っています。

 

「やっぱり楽に検査を受けるのが1番なのです。Dr.くまでした」

 

人気記事


【鮮血の血便・おしりが痛い】原因は痔?女性医師が手術も解説!


【大腸内視鏡検査の名医】はおすすめランキングで探す?


【胃カメラ当日検査できる】クイック内視鏡の予約が好評!


【下剤を飲まない大腸内視鏡検査】が大阪で人気の理由


【大腸内視鏡検査】若い女性も女性医師なら安心!大阪ブログ