麻酔を使った痛くない内視鏡検査

堺市のなかむら内視鏡センターは、麻酔を使った痛くない大腸内視鏡検査・胃カメラを行い、ご希望の方には女性医師が対応して内視鏡診療を行うクリニックです。
麻酔を使った検査には下剤を飲まない大腸内視鏡検査、胃カメラ、大腸内視鏡検査、の3種類があります。

下剤を飲まない大腸内視鏡検査
ー下剤を飲まずに胃カメラ・大腸内視鏡検査が同時にできるー

下剤を飲まない胃・大腸カメラ

従来、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けるには腸をきれいにするための下剤を2L程度飲む必要がありました。

 

「下剤を飲まない大腸内視鏡検査」では、胃カメラの時に下剤を腸へ直接送ることで下剤なしで腸をきれいにし、大腸内視鏡検査ができます。

下剤を飲まない大腸内視鏡検査

麻酔を使った痛くない胃カメラ 
ー麻酔と超細径胃カメラによる痛くない内視鏡ー

やさしい胃カメラ

胃カメラでは、胃だけでなく食道や十二指腸を直接観察することが可能です。

 

従来のバリウム検査では見つけることが困難な微細な病気を見つけることが可能です。

 

またバリウム検査では不可能な組織検査が胃カメラでは可能であり、さまざまな疾患の早期発見や確定診断に役立ちます。

 

早期のがんは自覚症状がほとんどありませんが、胃カメラで発見可能です。

 

通常、胃カメラの先端径は通常10mmですが、当院では先端径約5mmの超細径胃カメラを採用しており、麻酔(鎮静剤)と併用することで患者さんにとって負担の少ない「痛くない胃カメラ」になっています。

ピロリ菌検査・アニサキス症の検査・治療も行っていますのでお気軽にご相談ください。

 

がんリスクが上がる40歳になったら症状が現れる前に、一度カメラ検査を受けましょう。

 

主な症状
  • 胸焼け・腹痛・吐き気が続く
  • 胸がつかえる感じがする
  • バリウム検査で異常が出た方
  • 体重が減ってきた、増えてきた

 

胃カメラでわかること

早期がんは初期症状がでないことがほとんどです。

 

痛くない胃カメラの流れ

麻酔を使った痛くない大腸内視鏡検査 
ー麻酔と超細径大腸カメラによる痛くない内視鏡ー

やさしい大腸カメラ

大腸内視鏡検査は、大腸がんの発見と予防の双方において非常に重要な検査です。

 

便潜血反応が陽性の方はもちろん、陰性の方にも早期大腸がんが見つかることも少なくなく、誰もが40歳を過ぎたら一度はすべき検査です。

 

内容は、下剤で大腸をきれいにした後、内視鏡を肛門より挿入し、全大腸において、ポリープ・腫瘍・炎症・その他異常がないかを直接観察する検査です。

 

検査時間は検査目的や見つかったポリープの数や大きさにより異なりますが、10~30分程度です。

 

通常、大腸カメラの先端径は通常約13mmですが、当院では先端径約9mmの超 細径大腸カメラを採用しており、麻酔と併用することで患者さんにとって負担の少ない 「痛くない大腸内視鏡検査」になっています。

 

主な症状
  • 便秘・下痢が続いている
  • 便潜血検査で陽性反応が出た
  • 痔を患った方
  • 体重が減ってきた、増えてきた

 

大腸カメラでわかること

 

痛くない大腸内視鏡検査の流れ

麻酔(鎮静剤)を使った内視鏡

当院では、患者様のご要望に応じ、麻酔(鎮静剤)を使った検査、麻酔を使わない検査の両方に対応しています。

 

麻酔(鎮静剤)あり

麻酔(鎮静剤)あり

麻酔(鎮静剤)を使った場合、自然に眠ったまま、検査を受けることができます。気づいたら終わっていた、とのお声をよく頂きます。

当院では今まで鎮静剤を使って入院を要する呼吸抑制などを経験したことはありませんが、安全性には十分配慮して検査を行っています。

麻酔(鎮静剤)を使用した場合、当日ご自身での車/バイク/自転車等の運転はできません。

電車の場合、当院は深井駅から徒歩10分のアクセスとなっています。お車でご来院される場合は、必ずご家族などに運転頂くようお願いいたします。

関連記事:【麻酔を使った内視鏡】痛くないってホント?

麻酔(鎮静剤)なし

麻酔(鎮静剤)なし

麻酔(鎮静剤)を使わない場合、ご自身でお車を運転して来院が可能です。当院は18台分の駐車場を併設しています。

 

お車の場合、 当院は堺ICから車で5分のアクセスとなっています。当院では胃カメラ・大腸カメラともに超細径のカメラを採用しているため、麻酔なしでも比較的楽に検査を受けて頂けます。

 

ただし、やせ型の方や、以前検査で痛みがあった方、お腹の手術歴がある方、初めての検査で不安がある方、などは麻酔を使った検査をおススメします。

女医による大腸内視鏡検査【若い女性も安心】

なかむら内視鏡センターは、常勤の女医が在籍しているクリニックです。
大腸内視鏡検査や胃カメラ検査を受けられる女性の患者さまで男性医師に検査をされるのは抵抗があるという方や女性医師の担当をご希望の方は、ご予約の際に遠慮なくお申し付けください。
若い女性の方でも安心して検査を受けて頂けます。

女医による女性のための大腸内視鏡検査・胃カメラ 
女性医師による検査・個室専用トイレ

下剤を飲まない胃・大腸カメラ

 

女性のがんによる死亡原因の1位は大腸がんということをご存知でしょうか。さらに、近年、女性の大腸がんは増加傾向にあります。

 

大腸がんの早期発見のためには大腸内視鏡検査が不可欠ですが、羞恥心が検査受診のハードルとなっているのが現状です。

 

そのため、なかむら内視鏡センターでは、ご希望の患者さまには女性医師が検査を担当させて頂きます。トイレは全て個室になっており、検査中は検査の患者様専用となっておりますのでご安心ください。

 

女性医師をご希望の方は、ご予約の際に遠慮なくお申し付けください。「生理中だけど大丈夫?」などの若い女性ならではのお悩みもお気軽にご相談下さい。

※予約制のため必ず事前にお電話でご確認下さい。

 

女医の消化器外来【若い女性も安心】
ー女性の痔や消化管の悩みに女性医師が対応ー

下剤を飲まない胃・大腸カメラ

 

女性医師が女性特有の痔の悩みや便秘の悩みに対応します。

 

また、若い女性がかかりやすい潰瘍性大腸炎やクローン病といった消化管の病気の相談にも対応します。
なかむら内視鏡センターの医師は難病指定医です。

 

ご希望の方は、ご予約の際に「女性医師でお願いします」とお申し付けください。

※予約制のため必ず事前にお電話でご確認下さい。

担当女性医師:中村 玲佳 Reika Nakamura

中村 玲佳はじめまして、なかむら内視鏡センターの中村玲佳と申します。
私は初期研修後、市中病院で消化器内科医として勤務し、消化器内科領域を中心に様々な疾患を経験してまいりました。
消化器内科を受診される皆様はお腹の痛みや便秘による不安、癌であったらどうしようという不安を持たれていると思います。今まで培ってきた経験を活かし、できるだけ分かりやすい説明と丁寧な診察を心掛け、女性医師として患者さまの不安を解決したいと思っております。どんなことでもお気軽にご相談ください。
略歴
平成25年 大阪大学医学部 卒業
平成25年 大手前病院
平成27年 大手前病院 消化器内科
平成29年 大阪大学消化器内科 入局
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会

 

痔の日帰り手術・肛門科【女性医師可】

いぼ痔(痔核)などは、肛門のできものや排便時の出血や痛みといった自覚症状があり、生活の質を落とします。

 

しかし、「恥ずかしい」「不安」といった痔・肛門科診療のイメージがあり、特に女性の患者さんは受診を躊躇されるのではないでしょうか。

 

便秘気味の男性やデスクワークの多い男性はもちろん、実は女性は妊娠・出産の関係で痔や肛門の病気になりやすいのです。

 

また、女性は女性ホルモンの影響で便秘になりがちで、人知れずお悩みの患者様が多い印象です。

 

肛門のできものや突出、便秘、排便時の出血や痛み、肛門周囲のかゆみ、出産後の痔などでお悩みの方

はお気軽にご相談ください。

痔の日帰り手術・肛門科【女性医師可】 
ー専用の更衣室・トイレがあるから安心ー

下剤を飲まない胃・大腸カメラ

肛門病には内痔核、外痔核、裂肛、痔瘻、ポリープ、肛門周囲膿瘍などがあります。

 

なかむら内視鏡センターには、肛門科の患者様のプライバシーに配慮し一般患者様と動線を分けた専用の更衣室・トイレ・リカバリースペースを設けています。

 

「恥ずかしい」「羞恥心がある」などでためらわれている肛門科の患者さまでも安心です。

 

痔の日帰り手術に関しては、痔核結紮術(健康保険適用)を主に行っていますが、場合により4段階硬化療法を行うこともあります。

 

痔核結紮術は診察時間内で痛みも少なく膨らんだ痔を陰圧で吸引し特殊ゴムで結紮すると数日で自然脱落し無理なく切らずに治すことができます。

 

排便時の出血は痔(いぼ痔やきれ痔)のこともありますが、大腸がんが合併していることがあります。

 

痔があることによって、排便時の出血の原因をすべて痔と考えてしまい、潜んでいる大腸がんを見逃してしまうことがあるので要注意です。

肛門科診療でご希望の方には【女性医師】が対応させて頂きます。

※予約制のため必ず事前にお電話でご確認下さい。

内視鏡検査の費用について

 下剤を飲まない大腸内視鏡検査

胃カメラ+大腸内視鏡検査の費用 1割負担 3割負担
約5,000~12,000円 約15,000~35,000円※1

 痛くない麻酔の胃カメラ

1割負担 3割負担
胃カメラのみ 約2,000円 約6,000円
胃カメラ+病理検査 約3,000~4,000円 約10,000円
胃カメラ+胃ポリープ切除 約6,000円 約16,000~22,000円※2

 痛くない麻酔大腸カメラ

1割負担 3割負担
大腸内視鏡検査のみ 約2,500円 約7,500円
大腸内視鏡検査+病理検査 約3,000~5,000円 約10,000~16,000円※1
大腸内視鏡検査+大腸ポリープ切除 約7,000~10,000円 約20,000~30,000円※2

※1 病理検査をした部位の数により費用が変わります。
※2 ポリープ切除をした部分の数と大きさにより費用が変わります。

「内視鏡を使った下剤注入法」に関する費用は一切頂きませんのでご安心下さい。

 

診療時間について

診療

時間
日祝
 09:00~12:00
 17:00~19:30

当院では患者様の状態を理解するために、まずは診察を受けていただきます。当院では予約制をとっておりませんので診療時間内にご来院ください。

アクセス

医療法人中村会 中村診療所【なかむら内視鏡センター】

住所 〒599-8275 大阪府堺市中区東八田 24-5 中村診療所1F
TEL 072-270 -7777
駐車場 診療所横に18台併設

 

電車マップイラスト

 

外観

「中村診療所」の大きな看板が目印です。

外観

 

お問い合わせはこちら

072-270-7777

当院では患者様の状態を理解するために、まずは診察を受けていただきます。